借金・過払い・債務整理 相談窓口

弁護士の相談無料 横浜都筑法律事務所 弁護士 滝井聡

債務整理を弁護士に依頼するメリットと債務整理の手法(任意整理、自己破産、個人再生)をご案内します。

債務整理を弁護士に依頼するメリット

メリット

  • クレジット・サラ金など借金の取立てが止まります。
  • 弁護士が業者や裁判所等との窓口となります。
  • 借金減額や過払い金返還の可能性があります。

債務整理の手法

横浜都筑法律事務所で承っている債務整理の手法には、主に、任意整理、自己破産、個人再生があります。いずれの手法をとるかは、依頼者と弁護士とが相談をして決めます。

任意整理

任意整理とは、裁判所を利用せずに、弁護士が依頼者に代わって借金の減額や返済方法の交渉を行い、無理のない返済計画を立てなおす手続です。

自己破産

自己破産とは、裁判所を利用して、借金から免れるようにする手続です。

個人再生

個人再生とは、裁判所を利用して、借金を圧縮し、新たな返済計画を立てなおす手続です。

いずれにも共通する手続

任意整理、自己破産、個人再生のいずれの手法をとる場合も、受任通知の発送、取引履歴の取得、利息制限法に基づく引き直し計算、過払い金返還請求という手続は共通します。概要は以下の通りです。

受任通知の発送

弁護士が債務整理を依頼されたことを各業者に通知するものです。弁護士は、依頼者から依頼を受けると、すぐに各業者に受任通知を送付し、これにより各業者からの請求・取立はストップします。

取引履歴の取得

取引履歴とは、業者ごとに依頼者が何年何月何日に借り入れ、何年何月何日に支払ったかを一覧表にしたものです。弁護士は、依頼者から依頼を受けると、すぐに取引履歴を送るよう各業者に請求します(実際に送られて来るまでの期間は業者によりまちまちです)。

利息制限法に基づく計算(引き直し計算)

利息制限法は、お金を貸す場合の利息の上限を定めています。この上限を超えた利息で借り入れをして返済していた場合、利息制限法に従えば残高がいくらになるかを計算するのが引き直し計算です。これにより、借金が減ったり、払い過ぎ(過払い)が生じていたりします。

過払い金返還請求(過払い金が生じていた場合)

利息制限法に基づく引き直し計算により過払いが生じていた場合、業者に過払い金の返還請求をします。

過払い金返還請求は、借金の完済後でも可能な場合があります。